ヴェラ・ドレイク

善悪をはっきりつけるのではなく、安易な感動路線になることもなく、重いテーマを見ている側にずっしりと投げかけてくる。地味だけど心に響く映画でした。